ブログトップ

北海道焼酎を応援する会&北海道産日本酒・地酒・ワイン・焼酎で酒チェンしょう!

dosyocyu.exblog.jp

北海道ソムリエ&SSI認定酒匠&焼酎アドバイザー&きき酒師『鎌田孝』が北海道産焼酎&お酒の魅力を発信!楽天ラウンジ焼酎ソムリエ&楽天まち楽北海道エリア担当してます!!

北海道酒類消費状況2008年分最新の速報が出ました!

←酒チェン!何より先にぽちっ!

6年続けてお酒の消費が減少・・・

伸びているのは「缶チューハイ」などで御馴染みのリキュールや
「カクテル缶」などの「スピリッツ類」が大躍進!
そして「第3のビール」!


北海道内における平成20年度(平成20年4月~平成21年3月)の
酒類の消費数量(小売数量)は
約40万2千で、前年度に比べ約1万3千(3.1%)減少し、
平成15年度から6年連続減少となりました。


★前年度の消費数量との比較★消費数量が増加した主な品目
スピリッツ等(前年比151.1%)及びリキュール(前年比124.5%)が前年度を上回りました。


★消費数量が減少した主な品目★
清酒(前年比95.7%)、
連続式蒸留しょうちゅう(前年比99.0%)、
単式蒸留しょうちゅう(前年比97.7%)、
ビール(前年比91.1%)、
果実酒(前年比97.5%)、
ウイスキー(前年比98.3%)、
発泡酒(前年比85.9%)及びその他の醸造酒等(前年比99.5%)などが前年を下回りました。

★5年前の消費数量との比較★
平成15年度の消費数量を100とした場合の平成20年度の指数は、
酒類全体で91.3で、
主な品目別でみると、

清酒は79.0、
連続式蒸留しょうちゅうは90.9、
単式蒸留しょうちゅうは171.2、
ビールは77.5、
果実酒は88.2、
ウイスキーは75.2、
発泡酒は47.7、
その他の醸造酒等は2,246.9、
スピリッツ等は380.7、
リキュールは239.4

などとなっています。

★消費数量に対する酒税額★ 
消費数量から酒税額を試算すると631億700万円で、
前年に比べ39億5,600万円(5.9%)減少したことになり、
平成9年度から12年連続の減少となっています。

★成人1人当たりの消費数量★
成人1人当たりの消費数量は87.2で、
前年度に比べ2.6(2.9%)減少しています。
主な品目別にみると、

清酒5.6、
連続式蒸留しょうちゅう9.8、
単式蒸留しょうちゅう1.5、
ビール28.3、
果実酒2.5、
ウイスキー1.1、
発泡酒13.6、
その他の醸造酒等10.3、
スピリッツ等1.3、
リキュール11.8

を消費したことになります。

成人1人当たりの消費数量から酒税額を試算すると13,677円で、
前年度に比べ826円(5.7%)減少しました。


★参考資料★
速報値等=http://www.nta.go.jp/sapporo/kohyo/press/21/sakeshohi/pdf/01.pdf     

http://www.nta.go.jp/sapporo/kohyo/press/21/sakeshohi/pdf/02.pdf

国税局札幌より↑

なにかのご参考に!


*********************************************
066.gif「楽天ラウンジ 鎌田孝の焼酎ショッピングソムリエ」!
*********************************************
☆北海道焼酎を応援する会
☆道産子焼酎どっと呑む!
☆北の居酒屋風雲児!
*********************************************





066.gif「楽天まち楽 北海道通!鎌田孝の北海道案内」!好評連載中!↑
[PR]
by dosankoshocyu | 2009-11-22 14:01 | ★北海道お酒情報